大丸山に初めて情報入り道標4か所に建てました。

  • 2020.05.23 Saturday
  • 17:37

コロナ感染者出現で慌てた伊東市内。

驚いたことに、罹った方の年齢・お住まいまで広まっていました。

ああああ、田舎は怖いね〜〜

くれぐれも感染予防を心掛けましょう!

 

天気も回復、いいタイミングで大丸山に建てる道標の貼り込みシール完成!と看板業者さんから電話が着たので

本日の作業を切り上げて午後から大丸山へ向かいました。

 

仲川の大石コースと阿原田コース4か所に建ててきました。

こんどの道標のタイプは情報を書き込めるもので、伊東市に作っていただき以前大平山ハイキングコースで植物解説ボードに活用しました。大丸山ではおもに道案内に利用したいと思っていて、自作のWEB地図で距離測定を行い初めて主要な目的地までの距離情報、行き先情報を載せられました!

 

大丸YAMAP

しばらくしたら、里山HPにご紹介できると思います。

 

二つあるコースの最初の分岐点、児玉商事さんのところに建てました。

設置して気づいたけれど、コース表示は右左を逆にしておくべきだった!

川の音が聞こえる方が仲川…、右側の坂を上って行くのが阿原田コースです。

次に、仲川沿いを上って行きどの道が正解なのか分かりにくいクランクの手前。

一方、阿原田コースは広い農道からコンクリート舗装の支線を上がる入口に建てさせてもらいました。

初めて来られた方に、仲川の大石経由で周回できるコメント入り

ここは、大丸山のもみじの丘を左に下ったヒノキ林の中で昔からある巣雲山ハイキングコースに出たところ。

仲川の大石ルートを作ってから、ず〜と欲しかった案内看板、

ほんとうは大石近くで「尾根みち⇔大石」の分かれ路に表示が必要ですが、いろいろな事情があって先延ばしにします。

 

 

伊東市、コロナ感染者1号。

  • 2020.05.21 Thursday
  • 17:46

21日午後3時12分発信の伊東市メルマガで新型コロナウイルス感染発生を確認しました。

ついに出てしまった、ずっと動向を気にしていましたが、ガックリ


一層注意を払いたいと思います。


さて私の本日の行動はというと、朝から市内の山林で独り作業、

用事で大丸山へ向かいSさんに会って、再び朝の山林へ。そのあと貴僧坊、

だけ。。。密ナシ(笑)


感染された方の発症前後の行動が気になります。


大丸山のどっこい処のちょっと上の数本のヒトツバタゴ(なんじゃもんじゃ)が開花しました❗

まだ若い木ですから花の数は少ないけれど、Sさんに育て頂いた木々ですから嬉しいですね。

本当にありがとう。



これは紫蘭でしょうか、霧雨に濡れて紫色が鮮やか。

初夏に向かって色んな花が観られるいい季節になったけれど、

コロナですか、

嫌だな。

「仲川の大石」終点の土留め整備完了!

  • 2020.05.06 Wednesday
  • 17:01

新型コロナウイルス感染の渦中にあって、伊東市にも感染者が出たら穏やかではなくなりますよね

昨日里山クラブ理事会を初めてSNSのグループ通話で試みたらこれは便利、十分ことが足りた気がします。

7月8日に予定していた里山クラブの通常総会を「書面評決」のみで完了させることにしました。

まだ時間があるとはいえ、諸準備もあるし早めに態度を決めておきましょう、ということに。

 

きょうは大丸山プロジェクト第2回活動日です。

少々心配された空模様も昼ぐらいまでは持ってくれる感じ、集まった三人で仲川沿い終点を目指しました。

 

 

 

途中、太いカラスザンショウの木がかぶさっていたので始末したけれど、しばらくチェンソーの目立てやっていなかった!

反省。。

 

今日のメニューは、車が乗り入れられる最終地点の整備です。ここを拓いたときユンボで軽トラを切り返せるだけのスペースを作ってもらいましたが、石がガラガラした場所でおまけにシカの通り道になっていて川側の斜面がどんどん崩れてきました。

放置しておいては危険ですから丸太土留めを作製。

 

道幅が狭くなってきたけれど、写真ではわからないですね

 

 

丸太を置いて鉄筋で固定します

 

 

これで完了、

クルマごと川へ落ちる心配がなくなりました。

 

さて、早めに片付いたので次回6/10の活動内容決めるため大石まで行ってみました。

大石の上手の草刈りも必要ですけれど、路が滑りやすいから石を並べて4段程度の階段を作りましょう!

 

大丸山植物リスト充実めざして。

  • 2020.04.23 Thursday
  • 17:42


新緑がたまらなく美しい!

外出自粛の呼びかけに反して申し訳ありませんが、

大丸山の自然、魅力を世に発信すべく、植物リスト制作は大事な使命でそのための山歩きです。

『大丸山植物図鑑』を監修して頂いている環境カウンセラー山口康裕さんとともに散策しました。

実に80種類の植物をリストアップ。

少し時間をかけて、ホームページの作り込みを進めます。

守る会活動日はコロナ自粛で中止…、でも河津桜養生やりました

  • 2020.04.19 Sunday
  • 16:47

こんなにいいお天気! もったいないから山歩きでリフレッシュ

 

台風並みの嵐が過ぎ去って、清々しい陽気の大丸山。

地元ハイカーの方々の姿も何組か、家族や一人歩きならば新型コロナも心配いらないね。新緑とくっきり富士山眺めてリフレッシュ!

 

 

きょうは宇佐美の森を守る会の大丸山整備の日でしたが、犲粛瓩乃泙ょ活動が中止に。

そこで、大丸山プロジェクト《臨時編》にして守る会で予定していた河津桜養生を二人で行いました。

 

 

 

河津桜はもみじの丘のもう少し上の日当たり最高の場所にまとめて植えたものですが、ここは

海から吹き上がる強い風をまともに受けるので木が生長してくるとかえって根倒れが生じやすい。

あまり無理して真っすぐ立てようとすると生きている根っこも折れるため、適当なところに丸太支柱で固定することにしました。

 

 

全部で4本処置、大丈夫でしょ。

 

午後から、ハイキングコースMAP制作のためあちこちの位置情報をチェック!

道標3本も追加しておきました。

 

大丸山山頂から巣雲山方面とは逆側、北に向かうと馬頭観音や「巨岩ひろば」があります。

おおむかしは「丸山越え」というルートで長者ヶ原方面へ通じていたよです。だから建立江戸時代の観音様があるわけで、

その手前のジャイモみたいなつるっとした巨岩の上から麓の町並みがのぞけます。この場所で一息ついたのかな?

 

 

観音様の手前にはずいぶん、たくさんのお賽銭が積まれるようになっていました。

当初は、丸山越え再現で道を作る考えもあったけれど、がけ崩れ後の場所が危険すぎて断念!

馬頭観音の先は伊豆スカイラインに当たってしまうのでハイキングコースには含めていません。

大丸山仲川の大石コースなどに道標整備

  • 2020.04.08 Wednesday
  • 16:44

 

伊豆半島における新型コロナウイルス感染者第1号発覚で震えた❗

 

3/22 東京 上野公園で花見をしただと、

飲食店、スナックに行った日もあって、3/30 コロナ症状を持ちながら西伊豆の松崎町に来たそうだ。

冗談じゃない。

町内の商業施設(たぶん、あそこ)に買い物に行ったりもしている。マスク無しだったと言うから、正気か。

冗談じゃない。

神奈川 川崎市にも自宅があり、いわゆる2地域居住者です。

非常事態宣言の発出前にすでに伊豆へ入っていた…

観光地、保養地の伊豆にはたくさんの地域外のひとが訪れてくれて成り立っているから有難いけれど、医療施設は貧弱です。コロナ感染が始まるととっても危険。

 

1本めの道標を阿原田/仲川コースの分岐に立てて記念撮影

 

一夜明けて、

本題は伊東里山クラブ大丸山プロジェクトが活動をスタートしたことをお伝えするものでした。

 

このホームページで«うさみ大丸山特集»をうたいながら、作りながら情報を出すスタイルでいわば年中工事中状態(笑)

それはそれで手造り感いっぱいで楽しい。

だけれど、充実したハイキングコースマップ無し、路は造ったけれど道標も整備不足では格好つかないでしょ、

今年の大丸山PJ はこの不備を解消します❗ 

言い切ります❗

 

第1回活動日は、『仲川の大石』コースを中心に道標15本、

四人で相談しながら路に迷いやすい所に立てました。

 

それと、スマホのGPS機能を使って所々の位置をチェック、自分で作ったルートマップと照合。

位置情報の感度が高くなっていて、満足するデータを得られて一安心です。

ホームページへの公開めざして地図の作り込みに励みます。

 

今日は環境カウンセラーで大丸山特集の『大丸山植物図鑑』監修を担って頂いている山口康裕さんも駆け付けてくれました。

早速ノーチェックだった植物も見つけてくれて、図鑑に反映して貰います。

 

大丸山のハイキングコースで親子(かな?)に逢いました。地元の方です。

道標整備の説明をしたら、女性がポケットから折り畳んだ大丸山イラストマップを取り出し

『これ見ながら来ましたよ❗』

 

(とっても嬉しい)

 

『これ、ウチらが作ったんだよ。ウエブサイト充実をさせるためルートマップをそのうち出すから是非観てね🎵』

 

  大石を下から覗いた!!

 

来月の大丸山PJ は、大石の下の行き止まりの所の土留めを完成させましょう。それと、大石の上側を草刈りなど綺麗にして石のデカさを強調する。

メニュー決まりです。

 

 

 

お客様のお家でペンキ塗り。

  • 2020.03.25 Wednesday
  • 18:18

自分ん家の外壁塗り替えはあと一日で下塗りが終わりそう。見通しがついたので、今度はお客様の家のペンキ塗りに行って来ました❗

先日から下地調整をやって、今日はシーラーと午後から上塗りもやれました。

結果はどうかな?

明朝様子見ます。

宇佐美の森を守る会、林地巡回で今季スタート。

  • 2020.03.22 Sunday
  • 17:29

 

 

強風が吹いた22日、宇佐美の森を守る会は25名が参加して林地の巡回と大丸山でヒノキの風倒木処理などの活動を行いました。

守る会は4/19、5/17、6/21が今シーズン前半の整備活動日(大丸山の下刈りなど)です。会員以外の方の参加も出来ます!

里山クラブの大丸山プロジェクト活動も来月8日始動します。

どうぞ、よろしく

大丸山早春編の撮影のはずが…

  • 2020.03.17 Tuesday
  • 15:03


ドローン空撮のため大丸山に来ました❗

ここは『どっこい処』、

新調した大丸山イラストマップ看板を撮りながら路に沿ってドローンが航行する予定でしたが…


何か変です?

オペレーターのiPad画面はピンぼけ

えっ どういうこと、


何かの設定が狂ってしまったのかな?



ヒュウガミズキの花は咲き始めたし、伊東小室桜もここでは今頃満開ですが、葉っぱの展開がとっても早くて、ピンクの花は葉っぱに隠れてしまって残念。


早春の大丸山空撮編、

敢えなく退散。

残念、残念


春爛漫編はやれるかな?

次に期待しましょう。

伊豆新聞コラムで気分転換のいざないに狢膣飮貝瓩鮠匆陝

  • 2020.03.10 Tuesday
  • 17:58

 



 

8日付の伊豆新聞1面コラム「潮の響」に大丸山の森づくり活動を取り上げてくれました。

大丸山が…「地元の人たちにとって、昔から身近にあるなじみ深い場所だ。」という記述は残念ながら認識違いですね。

 

実は2004年10月の台風で山に大きな被害が出て、翌年から宇佐美の森を守る会らが大丸山の再生に取り組み始めましたが、

これが無ければ、おそらく今も(だいまるやまは)名も知られない伊東八景「巣雲山」につながるハイキングコースの途中にあるヒノキだけの暗っぽい山としか見られていないでしょう。きっと。

 

「ボランティアを超えた社会貢献」というフレーズは良いですね!!

 

新型コロナウイルス問題に絡めて「野外散策がいい気分転換になるのではないか。」と、

伊豆スカイライン沿いの登山口からならばわずか10分ほどで眺望抜群の大丸山の展望場所を紹介してくれています。