大丸山に初めて情報入り道標4か所に建てました。

  • 2020.05.23 Saturday
  • 17:37

コロナ感染者出現で慌てた伊東市内。

驚いたことに、罹った方の年齢・お住まいまで広まっていました。

ああああ、田舎は怖いね〜〜

くれぐれも感染予防を心掛けましょう!

 

天気も回復、いいタイミングで大丸山に建てる道標の貼り込みシール完成!と看板業者さんから電話が着たので

本日の作業を切り上げて午後から大丸山へ向かいました。

 

仲川の大石コースと阿原田コース4か所に建ててきました。

こんどの道標のタイプは情報を書き込めるもので、伊東市に作っていただき以前大平山ハイキングコースで植物解説ボードに活用しました。大丸山ではおもに道案内に利用したいと思っていて、自作のWEB地図で距離測定を行い初めて主要な目的地までの距離情報、行き先情報を載せられました!

 

大丸YAMAP

しばらくしたら、里山HPにご紹介できると思います。

 

二つあるコースの最初の分岐点、児玉商事さんのところに建てました。

設置して気づいたけれど、コース表示は右左を逆にしておくべきだった!

川の音が聞こえる方が仲川…、右側の坂を上って行くのが阿原田コースです。

次に、仲川沿いを上って行きどの道が正解なのか分かりにくいクランクの手前。

一方、阿原田コースは広い農道からコンクリート舗装の支線を上がる入口に建てさせてもらいました。

初めて来られた方に、仲川の大石経由で周回できるコメント入り

ここは、大丸山のもみじの丘を左に下ったヒノキ林の中で昔からある巣雲山ハイキングコースに出たところ。

仲川の大石ルートを作ってから、ず〜と欲しかった案内看板、

ほんとうは大石近くで「尾根みち⇔大石」の分かれ路に表示が必要ですが、いろいろな事情があって先延ばしにします。