旭山想い出看板制作、塗装作業をスタート。

  • 2020.09.16 Wednesday
  • 17:05

 

伊東旭小6年生卒業記念制作の2回目は16日午後の授業2時限を使って「旭山想い出看板」づくり塗装作業を始めました。

環境カウンセラー山口康裕さんと二人でお世話しました。

ヒノキ板両面に絵を描きますが前回の下地調整のやすり掛けをしっかりやってくれたのでベースの白色塗料(水性シリコン)のノリがとてもよかったです。

最初に、ペンキの塗り方を説明して塗りむらが出ないように丁寧なペイントを心掛けてもらいます。

 

 

一方、こちらの作業は絵を描くのに使う塗料の「色見本」を木片で作っているところです。

カンペハピオから発売されている「NURO」という水性工作用塗料を初めて使ってみます。

http://shop.kanpe.jp/nuro/lineup/index.html#lineup01

ワンタッチキャップのチューブ容器に入っていてとても使いやすそうですね。

ひとまず、14色をそろえました。

子どもたちに細い筆の感触と色合いを確かめてもらう。水彩画と違って細かな作業が難しそうですが、試しに買った「ワンタッチペン」はキャップを外して取り付けるだけで筆ペンになります。これで全員のイニシャルなど小さな絵柄もクリアできるでしょう。

 

下地の仕上がりを見ながら次回以降は子どもたちだけで下絵描き、色付け作業を続けてもらいます。

11月ぐらいには絵が完成するかな、楽しみです。