大平の森ハイキングコースを点検。

  • 2020.10.29 Thursday
  • 18:55

雲一つない秋空のもと29日、午前中およそ3時間かけて伊東市の「ゆったり湯めまちウォーキングコースの一つ「大平(おおびら)の森コース」を急ぎ足で回ってみました。

市職員2名と環境カウンセラー山口康裕さんとともに。

大平の林道終点から柏峠、馬場の平(ばばんたいら)、丸善ランド分譲地の東外れまで。昨年、丸山公園から大平山を縦走する「尾根道コース」を整備したのでことしはその続きになります。

 

ハイカーから倒木などで歩きにくい路や馬場の平のススキが原状態で路に迷いそうなどのご意見が届いているようです。

きょう歩いた部分については確かに手入れが必要な箇所が有ったし、随所に道標が欲しいですね。

 

 

いつもお世話になっている山口さん(写真右)、一緒に山歩きが実に楽しい

 

 

ウリハダカエデ。

この一帯に何本もの幼木がありました。大きくなると20mを超える高木になるそうです。

近くに親の木が有るはずでしょうが、先を急ぐのでまた別の機会にチェック。

渋い色の紅葉が楽しみです。

 

足元に青紫色がひときわまぶしい、ヤマトリカブト

強烈な有毒植物。

ほかの山菜と間違えて誤食したり、過去に天然はちみつで中毒事故が起きたりと死に至ることも。

養蜂家は植生地や花の時期を知っているから間違いが起きるとは思えませんが、、、

 

 

 

こちらも同じトリカブトなんだけれど、

花に見える部分が淡い!

アジサイと同じく、植生場所の㏗によって色の濃淡が現れるそうです。

なるほど、勉強になります。

 

さて、山歩きには最適な季節です。早速、手始めに馬場の平の草刈りを行うことにしました。