災害ボラ活動、自力発揮の前に立ちはだかる壁。

  • 2019.09.27 Friday
  • 05:05

9月は三連休が二回もあって、災害ボラの活躍も多いのかと思っていました。

しかし、房総半島を中心に大きな被害が出た千葉県内の災害ボラセン情報を開いて見ると、ボラ受入れ条件…「市内、県内近隣の方」とあります。

意味不明、

そう言えば、昨年の岡山県総社市でボラ活動支援を積極的に行っていた民間組織の姿が見えてきません。

そこで、改めてネット検索した結果がハフポスト日本版の記事です。


その一部がこれです。

❮千葉県の災害ボランティア全体の問い合わせ先となっている防災危機管理部防災政策課の職員にハフポスト日本版が取材をしたところ、「この3連休で多くの方がボランティアに参加しようとご検討くださるのはありがたい」とした上で、「被害の状況が各地域で異なっていて混乱が予想されるため、条件として、県内在住の方のみの参加をお願いしている自治体も多い」という。

また、「宿泊場所などを自治体が確保することは難しいため、お気持ちはありがたいのですが、現時点では、遠方の方のボランティア参加はご遠慮いただいている状況です」❯


記事全文はこちらです。

https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5d7c3615e4b00d690598fdc7


夜釣りやる趣味もないし、浜辺に泊めてボラ活動へ行こうにも軽トラ荷台の荷物を預かって貰える場所を手当てせねばね❗

さて、どうなるのかな。



コメント
コメントする