学びが必要ですね。

  • 2019.09.30 Monday
  • 06:44

 新品のタイヤと泥を落とし忘れた作業靴


昨日の活動は館山市郊外にある清掃センター併設の瓦礫搬入場所までの道路大渋滞がもとで結局午前、午後一度ずつしか搬送できませんでした。
ボラ活動の貴重な時間がもったいない。
社協が立ち上げる災害ボラセンは9:00-15:00が活動時間ですが、
民間独立組織の『つながりプロジェクト』の場合は一時間長い16:00ジャスト!!
朝は強い雨降りで官製ボラセンは雨天時休止。かたや、つながりは雨プロに切り替え。


そう、簡単な事です。
行政対応についてはまた改めて別項で触れたいと思います。


渋滞問題にしたって(実は見方によってですが、)「簡単な事」対策が出来ていなかった…
種類別の瓦礫を下ろすにしても、場内をぐるりと一回転できるスペースを最初から設けておけば、場内で車両の切り返し、後進の必要も無いし交通整理の人員も減らせます。
それと今回は、吹き飛ばされた屋根の瓦、スレート、波トタンが多かったと推察します。
畳も含めて主だった廃棄物は近接する場所を用意するのが賢い。
どこの自治体も今どき対口(たいこう)支援が制度化されていることもあって、他所の災害現場に職員派遣をしているのではないですか。
学びが足りないね❗


さて、昨夕は軽トラ後輪のすり減りが気になっていたので館山市内でタイヤ交換しました。運悪く増税直前の駆け込み需要で交換作業日は予約制。いちばん安いY製品切れでB製を購入しました。大渋滞の瓦礫受入れ場所でつるつるタイヤに釘でも刺さろうものなら更に渋滞悪化(笑)


今日は晴れて暑くなりそうな気配、どんな現場作業が待ているのかな。

コメント
コメントする